印鑑と手帳は別々に管理しよう

  • RSS

金融機関で口座を開設する時、それに、使用料金の引落しや口座振替の申し込みをする時に使用するのが銀行印ですが、
毎日の生活の中では頻繁には使用しない印鑑の部類に入るでしょう。

ですから、人によっては銀行印を認め印として日常使っていたり、印鑑が1本しか無いよという人は実印と一緒にしていたりすることがあるようです。
1本の印鑑を使い回すこと自体は何の問題もありません。

しかし、いざという時に使うことが出来なければ印鑑の役目は果たせません。
銀行印をいつも出しっ放しにしていて、いつの間にか子どもがどこかへ持って行ってしまって行方不明、
という事態にならないよう、出来れば別々に作って別々に管理しておきたいものです。

このページの先頭へ