三文判に対する認識

  • RSS

よく、子供のころに実印を作ったり、銀行印を作ったりした場合、三文判でとりあえず作っておいた、という場合があるかもしれません。
子供のうちはそれで十分ともいえるでしょうし、どちらかといえば、実印などはなくてもいいのではないかとすら思います。

しかしいつまでも三文判ではよくないのではないか、という認識が芽生えてくるのです。
大体大学生くらいになると、もう少しまともな印鑑を作らねばならないという認識に押され、バイトを頑張ってそれなりの実印や銀行印などの印鑑を作ったりするのではないでしょうか。

学生時代は何かと財布の中身が乏しいころではありますが、卒業して給料をもらうようになれば、まずは家族への感謝を表すと共に、印鑑を新調してはいかがでしょうか。

このページの先頭へ